入れ歯(義歯)

HOME > 医院歯科 > 入れ歯(義歯)

当院の得意はなんといっても「入れ歯」です。
入れ歯に関して4つのこだわりをご紹介いたします

ひまわり歯科相模原の「入れ歯のこだわり4つ」

1.義歯専門外来があります

「入れ歯が痛くて使っていない」「入れ歯だと悟られたくない」
「一体、何回入れ歯を作りなおしたら満足のいくものになるんだろう」
当院には入れ歯の悩みが深い方、歯医者に疑心暗鬼になっている方が最後の砦として来院されます。
そんな方のために当院では「義歯専門外来」を設置しております。

2.他院の入れ歯の調整・修理、承ります

「他の歯医者さんで作った入れ歯はさすがに相談に乗ってもらえないわよね」
いいえ大丈夫です。
ひまわり歯科相模原は入れ歯のお困りの方の修理・調整を他院で作ったものも含めて承ります。
電話やネットで受け付けています。
電話:042-730-6686
ネット:こちらをクリック

3.院長と入れ歯コーディネーターのインタビュー

こだわりや情熱を自分の言葉で語ってます。

A.院長の入れ歯の熱い思いインタビュー

B.入れ歯コーディネーターさんのインタビューにプラス、入れ歯制作現場突撃レポートも!

4.入れ歯無料相談会、開催しております

「実際に会って相談したい」「技工士さんに会ってみたい」
そのように思っていただけたら、ぜひ「入れ歯無料相談会」(2カ月に1回程度)にいらしてください。
相談会日程は、ブログ・インスタグラムからご確認ください。
電話やネットで受け付けています。
電話:042-730-6686
ネット:こちらをクリック

BPSデンチャーについて

当院では「BPSデンチャー」を取り扱っています。
従来の入れ歯と具体的にはどのような点が違うのでしょうか?

※当院の入れ歯は、BPSの方法論をさらに進化させ、近藤義歯研究所さんオリジナルの技法をプラスした「ハイブリッドBPSデンチャー」です。

1.入れ歯専門の歯科技工士が型取りから複数回立ち会い

お口の状態をチェックし、顎(アゴ)や筋肉の動き、噛み合わせや発音、笑顔のバランスなどを確認しながら製作していきます。
食べ物を噛んだ時の位置と力を完全に再現して製作できます。

2.ヨーロッパ発の入れ歯製作技術

BPSデンチャーは、今までの義歯とは製作過程が全く異なるフルオーダーメイド製作の入れ歯です。
今や世界のスタンダードと言っても過言ではありません。

3.入れ歯を作っている技工所は「国際認定歯科技工所」です

BPSデンチャーを取り扱う歯科技工所「近藤義歯研究所(https://kondogiken.com/)」さんは、同じ相模原市内にラボ(研究所)を構える義歯専門の技工所です。

近藤義歯研究所は、イボクラールビバデント本社(リヒテンシュタイン公国シャーン市)より、国際認定歯科技工所としてBPSシステムを使用した義歯製作を正式に認定されています。

入れ歯への思い入れは熱く、入れ歯の世界大会でも入賞しています。

近藤義歯研究所の入れ歯コーディネーター清水さんのインタビューもご覧ください。

【院長コメント】

当院は同じ相模原市内に所在していること、BPSの方法論を近藤義歯研究所さん独自に大胆にアレンジしていることから、何かの縁を感じましてお付き合いさせていただいております。
国際認定歯科技工所との連携で、良い入れ歯が作れます。
入れ歯に満足できない方、難症例の患者さまは、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

当院の入れ歯(ハイブリッドBPSデンチャー)は、こんな方にお勧めです

  • 今までの入れ歯に不満がある
  • より食事を楽しみたい
  • より短期間で品質の高い入れ歯が欲しい
  • 入れ歯が合わない(落ちる・動く・ずれる)
  • 痛みやツッパリ感がある
  • 噛むと顎が痛い
  • 顎が疲れる感じがある
  • 大きく口を開くと入れ歯が動く

近藤義歯研究所さんの取材を受けました

YouTubeをぜひご覧ください。

近藤義歯研究所さんの作る保険の入れ歯

下記のYouTubeで入れ歯を作るプロセスを見ることが出来ます。

入れ歯の作成5段階

入れ歯ができるまでの作成工程は5段階あります。
入れ歯ができるまでの基本の作成工程は5段階あります。

簡単な型を採る

往診による歯磨き残存歯や歯の状態、また歯肉の状態などを診ます。簡単な型を採り患者さん専用のトレーを作成します。

 

精密な型を採る

通常は上下に分けて精密な型を採ります。
型を採るときは鼻から息をゆっくり吸っていると比較的楽に型を採ることができます。

 

咬み合わせを採る

咬み合わせを採る咬み合わせる部分の高さや位置を決めて、しっかりと咬める入れ歯を作成します 。

 

試適(してき)

試適(してき)歯のサイズや並び方等の最終チェックをします。

 

完成(装着)

新しい入れ歯は、入れたその日からうまく噛めるとは限りません。 ある意味でこれからがスタートです。

 

調整

歯肉の痛いところや咬み合わせを調整します。
平均で慣れるまで 4 回 ~ 6 回 程度かかります。

 

入れ歯はやさしく扱いましょう

  • 落とさない(破損の原因になります)
  • 曲げない
  • 削らない
  • 熱湯に入れない(変形の原因になります)
  • 乾燥させない(変形の原因になります)
  • 常に清潔にしましょう

お手入れのまとめ、注意事項

入れ歯も自分の歯と同じように汚れがつきます。
食後は必ず入れ歯を外して掃除してください。
総入れ歯の場合、寝るときは歯ぐきの安静と口内炎の予防のためにも、必ず入れ歯を外してください。
外した入れ歯は水の中に入れて保管してください。
痛いからといって、入れ歯を自分で削ったり金属の部分を勝手に調整しないでください。

忘れずに定期検診を受けましょう

月日がたてばお口の中も変化します。
入れ歯の調整をして長持ちさせるために、半年に一回は定期検診を受けましょう。

食事について

初めは食べづらいかもしれません。
柔らかいものや小さく切ったものを食べ徐々に硬いものへと慣らしていきましょう。
時間をかけて、ゆっくり噛んで筋肉を鍛えていきましょう。

入れ歯の種類

部分入れ歯(partial dentures)

部分入れ歯は何本かの歯が連なって失われてしまった場合に作成します。部分的な入れ歯です。床(しょう)という土台の上に、バネと人工歯で支えとなる歯に取り付ける仕組みです。形はお口と歯の状態で決まります。

総入れ歯(full dentures)

歯が1本もなくなってしまった場合に総入れ歯を使用します。
床の上に人工歯を並べた仕組みのものです。支える歯が無いため調整に比較的、時間がかかります。

レジンソフトタイプ(軟らかいゴムの入れ歯)

裏打ちが柔らかくソフトな感覚で痛くない入れ歯です。定期的なメンテナンスが必要ですが、良く噛めるタイプです。入れ歯の粘膜に接触する部分の材料を、『生体用シリコーン』というやわらかい素材で粘膜や歯槽骨(アゴの骨)を保護するものです。コンフォートは、心臓外科や整形・形成外科など他の分野で幅広く活用されています。

噛みしめられる痛くないシリコン製入れ歯「コンフォート」。

インプラントオーバーデンチャー(IOD)

インプラントオーバーデンチャー(義歯)は第三の入れ歯治療法

従来の入れ歯の問題点はどんなところだったのでしょうか?

『つけていても安定しない、グラグラする』
『しっかり噛めない』
『入れ歯の土台となっている歯ぐきや骨がどんどん痩せていく、、、』

こういった問題点が入れ歯に土台(インプラント)を支えとして1、2本足すだけで劇的に噛めるようになります。
インプラントを何本も埋入するいわゆるインプラント治療は顎の骨が浅い、薄い、などいわゆる日本人にとって多少の無理があります。

そこで「入れ歯のいいところ」「インプラントの無理の無い範囲」。
この2つを掛け合わせたのがインプラントオーバーデンチャー(義歯)、第三の入れ歯治療法なのです。

インプラントより安い!?

例えば3本の歯を失ってしまっている場合、通常のインプラント治療の場合は各歯に1本づつインプラント体を埋入する必要がありましたが、インプラントと部分入れ歯を併用するこの方法では1番奥の歯に1本のみインプラントを埋入するで、費用が従来の方法より少なくてすみます。
また経済的負担だけでなく、手術にかかる精神的、肉体的負担も軽減することができるのです。