歯ぎしり、食いしばり・歯が欠けた・詰め物が取れた・肩こり外来

HOME > 医院歯科 > 歯ぎしり、食いしばり・歯が欠けた・詰め物が取れた・肩こり外来

歯ぎしり、食いしばり

歯ぎしりは、歯にダメージを与えます。

歯医者さんに行ったとき「歯ぎしりしているようなので、気をつけてください」と言われても「あたし、一体いつ歯ぎしりしているの?」と自分でもわからない方がほとんどです。
「旦那の歯ぎしりが気になって眠れない」
「この子、盛大に歯ぎしりしてるけど大丈夫かしら?」
家族の歯ぎしりが気になっていることもあるでしょう。

寝ている時の歯ぎしりは、当然「無意識」です。
実はこの力は数十キロ掛かっているので、下記のようなことが起きます。

歯がすり減る/グラグラになる/歯に小さなひび割れが入り「知覚過敏」になる/顎がゆがんで「顎関節症」を起こす

噛みしめ

「パソコンで仕事をしていると知らず知らずのうちに食いしばってた」
噛みしめは、ストレスなどで無意識にしていること多いのです。
通常、歯と歯の間は0.5~2.5ミリくらいの隙間があります。
人の上下の歯が接触するのは、本来噛んだり飲んだりする時だけなのです。
しかし緊張することで食いしばります。
緊張しているときなどは意識してお口のストレッチをするとそれだけ気分がリフレッシュして、口の周りの筋肉がリラックスします。

いずれに症状も、マウスピースなどの治療法があります。
心配な事、気になる事、遠慮なくご相談ください。

歯が欠けた・詰め物が取れた

歯科医院への来院の理由は、上記の理由が案外多いのです。
歯が欠けたり詰め物が取れた場所をそのままにしておくと、しみたり、歯が脆くなっているために更に大きく欠けたり虫歯になったりします。
取れた詰め物や被せ物はお持ちいただくとそのままつけられることもあります。
いずれにせよ早目のご来院をお勧めいたします。
当院電話番号:042-730-6686

肩こり外来を始めました

「噛み合わせを治せば肩こり、不眠が改善する?」

肩こりは辛いものです。
肩こりでお悩みの方は下記をご覧いただき、ご参考になさってください。

こんなことはありませんか?
歯ぎしりやくいしばりがある方で
  • 長年のつらい肩こり、偏頭痛、首の痛みに悩んでる方
  • 朝起きて、首から肩にかけて張り、疲れを感じる方
  • 眠りが浅いと感じてる方

上の項目に1つ以上当てはまる方
※歯ぎしりやくいしばりはご自身では気付かない場合があります。


どんな治療をするの?
患者さんの上顎の型をとり、患者様専用のマウスピースを作り、それを就寝時にはめて寝るだけです。
調整が必要な場合は後日微調整します。


期間はどれくらい?保険適用なの?
型どりすると、1週間後には出来上がります。
保険適用で、約5,000円前後かかります。


どんな効果を期待できるの?
肩こり、偏頭痛、首の痛み、浅い眠り、不眠等の症状の大幅な改善が8割以上の患者さんから報告されております。


なぜ効果があるの?そのメカニズムは?
長年の歯ぎしりの癖、むし歯、抜けた歯を放置、歯の削りすぎなどの結果、左右の歯の噛み合わせバランスを崩しています。
しかし、年月をかけバランスを崩しているので自覚症状がありません。
左右の噛み合わせバランスが崩れると、筋肉の緊張度もバランスを崩し、断続的に必要以上の過度な緊張状態に置かれます。
その結果、首肩周辺の筋肉の血のめぐりが悪くなり、肩こりなどの様々な障害を引き起こすと考えられております。
睡眠に関しても同じで、過度な筋肉の緊張状態のため就寝中も脳が中途半端に活性化し、休まらず深い眠りに入れないと考えられています。そこで、マウスピース状のものを就寝時はめることにより、左右の噛み合わせバランスを回復します。
その結果、筋肉、神経の過度の緊張が解消し、肩こり、不眠などの障害が緩和されると考えられてます。
なお、マウスピースは日常的にはめておいても構いません。
余談ですが、ジムでトレーニング時にはめることによりパワーアップしたなどの身体能力向上の報告もあります。


副作用等はないのですか?寝苦しくはないの?
長年無自覚だった筋肉の不均衡を矯正するので、使用後早期に周辺筋肉に筋肉痛が出る場合がありますが、1週間程度でほぼ治ります。
なお、一般的なマウスピースよりかなり小さなものなので、つけた当初は違和感がありますが殆どの方が慣れます。