歯が痛い

HOME > 医院歯科 > 歯が痛い

「こないだから歯の隙間が痛くてずっと気になっている・・・」
「奥歯の溝が黒ずんでいて、痛いようなしみるような・・・」

歯科医院への来院理由の約4割が「歯が痛い」です。
昔、歯医者さんで嫌な思いをした人はどうしても歯医者に行きたくないと後回しにしたくなります。
当院の虫歯治療はそんな患者様に寄り添い、痛みを出来る限りなくす治療をしています。

むし歯と痛み

一昔前に比べれば、むし歯になる人は減ってきました。
しかし、それでも磨きにくい箇所があったり、食生活習慣や不摂生、日々の歯磨きが行き届かずにむし歯になり、駆け込む人もいます。
昔歯医者さんでした嫌な思いを忘れられず、なかなか歯医者に足が向かない人が特に年齢が高くなるにつれて多い傾向があります。

初期のむし歯であれば、まだ間に合います。
昔に比べれば、はるかに痛みのない治療になっていますのでご安心ください。
(下記の「針のない麻酔」等ご参照下さい)
痛みが出る前に、歯科医院でのチェックをお受けになられてください。

1.表面麻酔

痛みを感じないように「麻酔」をしますが、そもそも麻酔の注射が痛いのは嫌なものです。

ですので、注射が痛くないよう歯ぐきの表面に「表面麻酔」をします。

特に痛みに敏感な方は、最初にお伝えいただけると表面麻酔の時間を通常より長くすることにより、より痛みを感じにくくすることが出来ます。

2.細い注射針を使う

注射針には様々な太さがあります。
相模原のひまわり歯科では、最も細いランクの注射針を使っています。

3.電動の注射器を使う

電動の注射器を使う事で、痛みを抑える圧力と速度を自動的に調整できます。

「そうか、いろいろ痛みを感じない方策がなされているんだ」
さまざまな痛みを抑える方法を知れば恐怖が和らぎ、感じる痛みも少なくなります。

針の無い麻酔・シリジェット

当院では、針の無い麻酔・シリジェットを導入。
通常は表面麻酔と自動注入麻酔器で充分ですが、
針がダメな方はお申し出ください。

▲針のないジェット麻酔

むし歯になる理由をご存じですか?

むし歯の菌はもともとお口の中にいる菌ではなく、生まれた後に周囲の大人からうつる「ミュータンス菌」と「ラクトバチラス菌」による感染症です。
残念ながら自然には治りません。

早めの治療が、痛みや出費や通院回数を抑えるポイントです。

歯の被せ物・詰め物の種類

保険の銀歯をはじめ、様々な歯の色に合わせた被せ物や詰め物を保険でも保険外でもご用意しています。
ご希望をどうぞお知らせくださいませ。料金表ページで詳しい内容をご案内しています。

※保険の白い被せ物・詰め物は使える材料や歯の位置に条件がございますのでお問い合わせください。

歯を失った時の治療法

虫歯などで歯を失った場合、下記の治療法があります。

抜けた歯の両脇に橋を架けるようにしてかぶせ物をするので「ブリッジ」と呼ばれています。
抜けてしまった歯の両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れる治療方法です。
保険でできる治療方法です。